インカジは違法でしょうか?

インカジとはインターネットカジノの略なのですが、オンラインカジノのことではなくカジノカフェと同義になるものです。

インカジ摘発のニュース

2006年の2月に京都のインカジが警察の摘発をうけ、店舗スタッフ2名と客2名が賭博罪容疑で逮捕されてしまいました。オンラインカジノ関連の逮捕としては初めての事例だったため、全国へセンセーショナルに報道されたのです。おそらく記憶されている人が多いのではないでしょうか?

摘発・逮捕の概要

2006年の2月23日に京都のカジノカフェ「ゴールドラッシュ」が京都府警による摘発をうけ、店舗スタッフ2名と客2名が逮捕されました。こちらのお店は24時間営業で端末11台を使用しており、客にカジノゲームをさせていたのです。オンラインカジノを利用していたのですが、店舗内で現金の授受をおこなっており、実質上ギャンブルの胴元行為をおこなっていたと見なされました。店舗スタッフは客に対して違法ではないと説明していたとのことですから、罪が重いですね。もちろん客が罪を免れることはなく、逮捕・起訴といった流れで裁かれることとなりました。

警察の取り組み

今回の摘発および逮捕劇の背景には、暴力団の資金源を絶つ、といった警察の強い思いがあるとされています。今まで野放し状態になっていたために、暴力団が活動資金源としていた可能性が高く、インカジを厳しく取り締まることで一定の効果を上げると考えられたのです。今後もこのような傾向が強まると考えられており、オンラインカジノを取り巻く環境は厳しさを増しています。

着目すべき点

これから注意したい点についてなのですが、オンラインカジノを利用している店にて、国内で清算が完了するならば、ほぼ違法行為とみて間違いありません。このような店舗でゲームを楽しんでいると、急に逮捕されてしまう可能性が潜んでいるのですよ。また、カジノ法案が国会で審議されていることもあり、カジノを取り巻く環境は確実に変化しています。弁護士の中には、個人によるオンラインカジノの利用を取り締まり強化するべき、といった声があり、今後の状況は予断を許しません。最新の情報に触れるようにしなければならないですね。

インカジ摘発のその後

例のインカジ摘発事件に関してなのですが、その後店舗スタッフが常習賭博で起訴され、2007年に判決が言い渡されました。内容は厳しいものであり、懲役2年、執行猶予5年、追徴金1億139万円というものです。事業内容が長期的であった点や組織的かつ職業的であった点を重くみたということです。