オンラインカジノとカジノカフェの違い

繁華街でカジノカフェを見かけることはありませんか?このような場所で提供されるサービスは違法性の高いものであり、十分注意しなければなりません。

オンラインカジノの合法性

オンラインカジノは、インターネットを利用することで本格的なカジノゲームを楽しめるものであり、ライセンスを所持した海外に拠点をもつ業者により運営されています。
日本では原則としてギャンブルが禁止されており、違反すると賭博罪に問われることとなってしまいます。
オンラインカジノの場合には、海外で合法とみなされている業者を日本の賭博罪で罪に問うことはできません。運営サイドを罪に問うことができないということは、プレイヤーも罪に問うことは不可能です。よってオンラインカジノは合法であると考えてよいことになります。

警察の動向

毎年、スポーツ選手や芸能人などが賭博罪で摘発を受け検挙されています。これはギャンブルを運営する胴元が反社会組織とつながっている事例が多いためであり、資金源を断つ意味において賭博罪の成立は非常に重要であると考えているのでしょう。
オンラインカジノに関してもさまざまな動きが見られており、見解の相違で摘発対象となってしまう可能性がゼロではありません。
オンラインカジノの仕組みや、賭博罪による摘発の狙いなどをしっかりと理解しておきたいものです。

カジノカフェについて

カジノカフェはインカジともよばれているものであり、大都市圏の繁華街で見かけられています。注意しなければならないのは、サービス内容が海外のオンラインカジノゲームを利用していたとしても、店内で換金をおこなっている点です。これは日本国内でギャンブルを運営していることになり、完全に賭博行為とみなされるものです。このようなお店でカジノゲームを楽しんでいると、警察の摘発対象になってしまいかねません。突然逮捕されてしまうなどの憂き目にあわないためにも、このようなお店へ出入りしないように行動を慎まなければならないのです。

賭博罪について

ここで賭博罪について触れておきましょう。賭博罪とは刑法に含まれる法律であり、第185条には賭博をしたものに50万円以下の罰金もしくは科料に処するとされています。
また、第186条では常習賭博について触れており、常習性が認められる場合においては3年以下の懲役に処するとされています。さらに2項では、賭博場を開帳することに対しての罪が記載されており、悪質なカジノカフェを違法とするものになっているのです。