失敗しない為のカジノ選び

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノをこれから始めるのならば、まずは準備から必要です。
オンラインカジノといっても、いろんなカジノのサイトがありますので、いくつか候補を挙げて、比較してみましょう。

たとえば、ライセンスを取得しているかどうか、外部の監査機関で監査を受けているかというのはとても大切で、信頼できるかどうかの基準となります。
また、どんなボーナスが用意されていて、自分に合うかどうかも比較してみましょう。
ゲーム性などもカジノによって異なりますので、どんなソフトウェアが採用されているかなども比較して選ぶ事が大切です。

無料ゲームを試してみよう

オンラインカジノを始めるに当たって、まずは無料ゲームで試してみましょう。
選んでみたのはいいものの、実際にやってみると、使いにくかったり、サイトが見づらかったりするということはよくあることです。

オンラインカジノは、大抵無料ゲームがプレイできますので、お金を賭けるまでに1度試してみて比較してみると良いでしょう。

年齢制限を確認しておく

オンラインカジノには、年齢制限が設けられています
殆どのオンラインカジノの場合、年齢制限は18歳未満は不可で、20歳以上とされているカジノもあります。
始める前に年齢制限を確認しておきましょう。規約を見れば記載されています。

クレジットカードと本人確認書類を準備しよう

オンラインカジノを始める前に、クレジットカードを用意しておきましょう。
入金手段としては、クレジットカードが有効です。
ほとんどの場合、入出金手段としてエコペイズなどの電子決済サービスが利用されますが、その際もチップ購入はクレジットカードが必要です。
しかし、カジノによっては使えない場合もあるので、色んな会社のカードを用意しておくようにしましょう。

また、初回の払い戻しの場合、本人確認書類が求められますので、免許証や、パスポートの用意が必要です。
これらは、入出金口座を登録する際にも必要ですので、用意しておくと便利になります。

大手銀行のオンラインバイキングの口座

大手銀行のインターネットバンキングがあれば、非常に便利に利用しやすくなっています。
外貨口座ありなら、オンラインカジノで得たお金をそのまま口座に預けることが出来るので、非常に便利です。
若し一つも持っていなければ、入出金や残高確認の際に不便なので、始める前に口座を開設しておくと良いでしょう。今後遊ぶときにも便利になります。

オンラインカジノのダウンロードについて

オンラインカジノを始めるためには、まずソフトをダウンロードする必要があります。
オンラインカジノには、ダウンロードをするタイプのカジノと、ノーダウンロードタイプのカジノが存在します。

一般的にダウンロードするタイプのものが多いですが、Macは対応をしていないので、その場合はノーダウンロードタイプのオンラインカジノがおすすめとなります。
ノーダウンロードの場合、ダウンロードする手間がかかりませんし、ブラウザ上でそのまますぐに遊べるので、ダウンロードしても動作しないという場合にもおすすめです。

また、スマホの場合も、ダウンロードする必要はなく、携帯の画面で公式ホームページにアクセスすればすぐに遊べます。

アカウント登録について

オンラインカジノは、ちょっと試してみたいという場合、無料ゲームもありますが、その場合もメールアドレスの登録が必須となります。このため、メールアドレスを準備しておきましょう。

ギャンブルで実際にお金を賭ける場合、個人情報の登録が必要となります。氏名や住所、電話番号などの情報を入力する必要がありますので、入力フォームから入力をしましょう。
この際に、入力ミスや、嘘などを入力しないようにしましょう。
後から払い戻しをする際に、間違いや不一致があれば、払い戻ししてもらうことが出来ません。

オンラインカジノの入金について

オンラインカジノで入金をする場合、エコペイズといった電子決済サービスが主流です。
しかし、入金の際には、どちらにしても、クレジットカードが必要なので準備をしておきましょう。
クレジットカードでキャッシャーからチップを購入します。
クレジットカードの他にも、プリペイドカード、デビットカードなどが使えますし、電信送金などの方法もあります。

ボーナスについて

オンラインカジノは、一定の条件を満たすことで、ボーナスを受け取ることが出来ます。
ボーナスの受け取りについてですが、こちらから申請するケースと、自動的に付与されるケースがありますので、注意をしましょう。
これも払い戻しの際に忘れずに申請しましょう。

払い戻しはどうすればいい?

オンラインカジノの払い戻しですがエコペイズといった電子決済サービスが便利で、エコカードを使えば、ゆうちょ銀行などのATMで引き出すことが出来ます。
そのほかにも、電信送金、外貨小切手での支払い戻しという手段がありますが、手数料が高いのと、時間がかかってしまうということもありますので、あまりおすすめできません。