パーレー法を使ってバカラで勝つために注意するべきことは?

パーレー法を使ってバカラで勝つために注意するべきことは?
オンラインカジノで大人気のゲーム「バカラ」に効果的な攻略法として「パーレー法」が挙げられ、短時間で大きく稼ぐことが可能です。
パーレー法はバカラのように勝率約50%で配当が2倍となるゲームに有効な攻略法で、他にもブラックジャックやルーレットの赤黒(偶数奇数・大小)にも使えます。
そこで今回の記事では、パーレー法を使ってオンラインカジノのバカラで勝つために注意するべきことについて詳しくまとめてみました。
「バカラでもっと効率的に勝ちたい!」「バカラで大勝ちしたい!」など、オンラインカジノのバカラで稼ぎたい方の参考になれば嬉しいです。

パーレー法とはどんな攻略法なのか?

パーレー法とは、別名「逆マーチンゲール法」と呼ばれる攻略法で、負けたら倍賭けするマーチンゲール法と逆のことをします。
マーチンゲール法の場合、勝ったらリセットしてやり直しますが、パーレー法は負けたらリセットします。
具体的に、例えば初回に1ドルをベットしたとします。
もし負けたら再び1ドルに戻しますが、勝った場合には配当の1ドルを合わせて合計2ドルを次ゲームへベットします。
ここで再び勝った場合には配当2ドルを合わせて合計4ドルを次ゲームへベットし、さらに連勝する毎に、8ドル→16ドル→32ドル→64ドルと倍々に増やしていきます。
つまり連勝すればするほど勝った場合の配当もどんどん大きくなり、負けたとしても初回ベット分の1ドルしか損失はありません。
このように、マーチンゲール法のようにコツコツと稼ぐタイプではなく非常に攻撃的な攻略法なのがパーレー法なのです。

パーレー法におすすめのバカラ


オンラインカジノには様々な種類のバカラがありますが、その全てがパーレー法に適しているバカラとは限りません。
一部通常のゲーム性とはかけ離れた独創的なバカラも多いため、パーレー法を使う場合にはバカラ選びも非常に重要です。
最もおすすめなのが「ノーコミッションバカラ(スーパー6)」と呼ばれるバカラです。
通常のバカラの場合、バンカーで勝った時には0.5%の手数料が差し引かれるため、1.95倍の配当しか受けられません。
しかしノーコミッションバカラの場合はどちらで勝っても配当は2倍となり、バンカー勝利時の損がありません。
ただしバンカーが6で勝った場合に限り配当が半分になってしまいますので注意が必要です。
逆に考えれば、バンカーが6で勝たない限り手数料という損失が発生しないのです。
パーレー法のような配当2倍に効果を発揮する攻略法実践時に、ノーコミッションバカラは大変おすすめです。

サイドベットには絶対に賭けない

バカラにはプレイヤーとバンカー以外、タイ(引き分け)やペアなど、様々なサイドベットが存在します。
サイドベットで見事に的中することで高配当を得られますが、パーレー法のように勝率約50%の攻略法を実践する際、サイドベットへ賭けるのは避けましょう。
大きく勝ちたい気持ちは理解できますが、もしサイドベットへ賭けてしまうと、パーレー法のロジックが崩壊してしまいます。
バカラの罫線をチェックし、「次はタイだ!」と読んだ時でも手を出してはいけません。
これはパーレー法に限ったことではありませんが、欲を出した時点で大きく負ける可能性が高くなります。
バカラでパーレー法を実践する場合には、常にプレイヤーかバカラのいずれかのみにベットしましょう。

パーレー法の目標連勝数を決めておく

パーレー法のロジック上、決められた連勝数は存在しないため、自分自身でパーレー法のやめ時、つまり目標連勝数を決めておかなければいけません。
負けない限り倍賭けを続けるパーレー法ですので、目標連勝数を決めておかなければ、いつまで経っても利益を出すことができません。
目標連勝数の決め方は連勝確率から「ここだ!」という自分なりの回数を決めましょう。
1勝確率は50%ですが、2連勝は25%、3連勝は12.5%、4連勝は6.25%、5連勝は3.125%のように、当然のことながら、連勝数が増えれば増えるほど確率は下がっていきます。
現実的なのは4連勝ですが、それでは16ドルにしかならないので、せめて5連勝の32ドルを目指すことをおすすめします。
目標連勝数に到達した時点でパーレー法をリセットしてください。

まとめ

まとめ
今回は、パーレー法を使ってオンラインカジノのバカラで勝つために注意するべきことについて解説させていただきましたが、ご理解されましたでしょうか?
パーレー法は決して難しい攻略法ではなく、初めてオンラインカジノのバカラで遊ぶ初心者の方でも十分に実践可能です。
ただし「サイドベットには賭けない」「目標連勝数を決めておく」、以上2点は必ず厳守してください。
そしてバカラで遊ぶオンラインカジノ選びも非常に重要です。
インターネット上には違法で運営するオンラインカジノが非常に多く、当たり前のようにイカサマが横行しています。
バカラでパーレー法を実践する場合には、ベラジョンカジノやカジ旅、ラッキーニッキーなど、大手と呼ばれるオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノの還元率が高い理由と最低限の注意点

オンラインカジノで稼ぐユーザーが、他のギャンブルと比べて多い要因の1つに「還元率の高さ」が挙げられます。
 
還元率とは、オンラインカジノ業界ではRTPやペイアウト率とも呼ばれており「ベット金額に対して、いくら払い戻されるか」を示した数字のことです。
オンラインカジノの還元率は 95 ~ 99 %と限りなく100 %に近く、約 75 %の公営ギャンブル・約 80 %のパチスロと比べ、断然高い数値です。
 
今回は【オンラインカジノ稼ぐために知っておきたい、還元率が高い理由と最低限の注意点】について詳しくご紹介します。
 
 

還元率が高い理由1|維持コストが低い

還元率が高い理由1|維持コストが低い

オンラインカジノはインターネットを使ったギャンブルですので、公営ギャンブルやパチンコなどと比べて、維持コストが圧倒的に低いという特徴があります。
競馬や競艇、競輪、オートレース、パチンコ屋などが競技場や店舗の維持費・人件費・光熱費などで発生する莫大な運営費を回収するためには、還元率を低くするしか方法がありません。
 
しかしオンラインカジノの場合、インターネットの環境さえ整備すればどこでも運営可能ですし、人件費も必要最低限で済みます。
このように維持コストが低いため、他のギャンブルでは到底考えられない高い還元率での運営を可能にしているのがオンラインカジノなのです。
 
 

還元率が高い理由2|世界中のユーザーを相手にした薄利多売のビジネスモデル

オンラインカジノはいわゆる薄利多売ビジネスであり、世界中から多数のユーザーを確保し、個々から少しずつ利益を得ています。
 
運営側は1人でも多くのユーザーを確保しようと、様々なキャンペーンを常時開催したり、競合サイトより見栄えの良いボーナスをプレゼントするなど、しのぎを削っています。
 
もし還元率を低く設定してしまうと新規ユーザーはもちろん、既存ユーザーもどんどん離れていき、ビジネスとして成立しなくなるでしょう。
シビアで移り気な世界中のユーザーと渡り合うためには、薄利多売のビジネスモデルを死守し、常時高水準の還元率を維持する運営能力が必要という訳です。
 
 

注意点1|損切りする状況を冷静に見極める

注意点1|損切りする状況を冷静に見極める

還元率が高いオン絵ラインカジノでも、損切りする状況を冷静に見極める決断力が無ければ、常勝は難しいでしょう。

『損切り』とは、損失が膨らむ前に利確し、スパッと止めるアクションです。
ギャンブラーにとって非常に悔しく悩ましい決断かと思いますが、損切りができないようでは、オンラインカジノに手を出さない方が無難です。
 
例えば「200ドルの損失が出た時点で損切りする」「朝入金した分が全て溶けたら、追銭せずに損切りする」など事前に決めてからプレイします。
オンラインカジノに限らず、あらゆるギャンブルや投資に損切りは必要不可欠であるため、必ず損切りタイミングをマイルール化しておきましょう。
 
「大金を注ぎ込んだから、そろそろ勝てるだろう」「これ以上は、確率的に絶対負けない」という考えは、オンラインカジノで負ける典型的なパターンです。
根拠の無い自信は思考停止状態に陥っているため、必ず『損切りライン』を厳守しましょう。
 
 

注意点2|深追いせず、スマートに勝つ

オンラインカジノで効率良く稼ぐには『勝ち逃げ』の見極めも重要です。
勝っている時というのは、調子に乗って大きくベットしがちですが、ある程度勝った時点で深追いせずに勝ち逃げに徹しましょう。
 
損切りと同じように「100ドル勝った時点で勝ち逃げする」「資金が倍になった時点で勝ち逃げする」などの『勝ち逃げライン』を事前に決めておくのです。
 
そして一度決めた『勝ち逃げライン』を覆してはいけません。
「展開が良いからまだまだ勝てる」「負ける気がしない」などは非常に危険で、その自信はきっと痛い目を見ます。
 
還元率が高いオンラインカジノでは勝ち続けるケースは頻繁に起こります。
しかし、最終的には還元率通りに勝敗が近づくため、勝っている時こそ冷静さを保つことが大切です。
 
 

まとめ

まとめ

今回は【オンラインカジノ稼ぐために知っておきたい、還元率が高い理由と最低限の注意点】をご紹介しました。
 
オンラインカジノが他のギャンブルと比べて圧倒的に高い還元率を誇れる理由は「維持コストの低さ」と「薄利多売のビジネスモデル」にあります。
公営ギャンブルのように専用の競技場を維持する必要がなく、世界中のユーザーを対象にしているため、個々から得る少額の利益で十分に成立しています。

高い還元率を誇るオンラインカジノですが、効率良く稼ぐためには『損切り』と『勝ち逃げ』のタイミングを見極める、冷静な判断力が必要です。
事前に決めたリミットを厳守し続けることで、より一層オンラインカジノで稼ぎやすくなるでしょう。
 
還元率の低い公営ギャンブルやパチンコからシフトして、オンラインカジノで一攫千金を目指してみてはいかがでしょうか。

ベラジョンカジノで最もお得に入金と出金ができるのはどれ?

ベラジョンカジノは、日本でも人気のあるオンラインカジノの一つです。
大当たりなども出しやすく、中にはベラジョンカジノの大当たりだけで、ずっと遊んでいる人もいるほどです。

ですが、入金ボーナスなどを考えればお得に入金のできるシステムが、気になってくることもあると思います。
ベラジョンカジノは、入金ボーナスや期間限定入金ボーナスがあることから、できるだけ反映の早い決済を利用したいというのは、本音ではないでしょうか?

クレジットカードの決済

クレジットカードの決済

ベラジョンカジノで、即反映できるクレジットカードはVISAになります。
マスターカードは翌日~3営業日になることが多く、ほとんどが2営業日内の反映になります。
翌日反映がほとんどですが、余裕をもって2営業日と考えておくといいかもしれません。

また、JCBなど一部のクレジットカードは利用できないので、VISA以外では即時入金反映は難しいと考えていいでしょう。
入金時の手数料は最大5ドル+決済手数料になります。

仮想通貨

仮想通貨
昨今では日本でも仮想通貨を取り扱う人が増え、芸能人なども仮想通貨のCMなどに出ているようになり名前だけは知っていると人も多いかと思います。
仮想通貨はアップダウンが大きく、取り扱いになれている人は利益を出しやすいですが損をする場合にも大きなものになることが多いのも特徴です。

仮想通貨のビットコインなどでの入金は即時反映なので、ビットコインなどの取引をしているひとはビットコインでの入金などがおすすめになります。
ビットコインをはじめベラジョンカジノで認可している仮想通貨であれば入金手数料は無料になります。

エコペイズなどの指定電子決済

ベラジョンカジノではエコペイズをはじめいくつかの電子決済が使用できます。
電子決済なので事前に内部に入金をしておくことが必要になりますが、入金ができていれば即時反映が可能です。
また、電子決済からの入金の際には手数料もかかりません。

電子決済の中でもエコペイズがおすすめの入金の理由とは?

電子決済の中でもエコペイズがおすすめの入金の理由とは

電子決済の中でも日本でエコペイズがおすすめされる理由はいくつかあります。

・国内の口座に日本円で入金するだけ
エコペイズは英国の電子決済なので、ユーロドルでの取り扱いになります。
ですが、日本でもエコペイズの人気が高いのはなぜ?と思う人もいるのではないでしょうか。

エコペイズは入金の際に日本の銀行の口座を代理口座にしています。
三井住友銀行の代理口座に入金するだけでその日の為替のレートに合わせてユーロドルにエコペイズの中で変換してくれます。

オンラインカジノの入金はドルですが、この時もユーロドルからドルへの変更もエコペイズの内部で行ってくれます。
ユーザーは基本的に口座に手数料を入れた金額を入金するだけです。

・入金から反映までがスピーディー
エコペイズ公式サイトでは口座に入金してからエコペイズに反映するまで翌日~3営業日と表記していますが、早ければ入金してから1時間ほどで反映することもあります。
余裕をもって入金することがおすすめにはなりますが、反映の速度はほかの電子決済よりもスピーディーであり日中に入金すれば当日か翌日にはほぼ反映していると考えてもいいでしょう。

・入金を一本化できる
オンラインカジノは一つだけではなく複数を掛け持ちで遊んでいる人がほとんどです。
クレジットカードは1回ごとに決済手数料がかかり、オンラインカジノごとに入金手数料もかかります。

エコペイズはエコペイズに入金しておけば複数のオンラインカジノに分配入金も可能であり、この際もエコペイズに入金した際の手数料しか掛かりません。
エコペイズからオンラインカジノへの入金は手数料が無料のことが多いです。

・出金も簡単にできる
エコペイズは電子決済です。
オンラインカジノでの大当たりなどを出金する際にもエコペイズを経由して出金を選ぶことで本人確認などのカットができることもあります。
(これはそれぞれのカジノの規約で違ってくることもあり、エコペイズ経由でも初回出金時は本人確認が必要なこともあります。)

エコペイズは出金口座の登録の際に本人確認を終わらせているので煩わしい部分をカットしての出金も可能です。

・アカウントの開設が簡単にできる
海外の電子決済のアカウントの開設は難しいと思われがちですが、エコペイズは日本語設定を行うことで解説を簡単にすることができます。
手順と案内に従って入力をするだけいいので英語が苦手な人などでも問題なくアカウントの開設ができます。

サポートメールも日本語の対応が可能なので、分からない部分などはメールで問い合わせても日本語での返信が帰ってくるので安心できる部分があります。

アカウントの開設の際には出金が可能になるシルバーランクへのランクアップが必要になりますが、このランクアップも簡単な手続きと無料でできるのでユーザーに嬉しいサービスが多い電子決済と言えます。

ルーレット必勝法【超初級】ピボット法の “HOT” な勝ち方

カジノゲームの王道「ルーレット」は、17世紀のヨーロッパで誕生すると、瞬く間に世界各地に広まり、様々な攻略法が21世紀の現在でも考案されています。
そんなルーレットで有効な攻略法の一つに、ルーレットの知識が全く無い初心者でも実践できる「ピボット法」と呼ばれるベッティングシステムがあります。
今回は「ピボット法の “HOT” な勝ち方」をテーマに、ホットナンバー(出やすい数字)の割り出し方や賭け方、メリット・デメリットを簡単にご紹介します。
 
 

「ピボット法」とは?

「ピボット法」とは?

ピボット法とは、ルーレットで出そうな出目に一定の金額をベットし続ける攻略法で、アメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレット共に通用する勝ちかたです。
毎ゲーム一定額をベットし続ける「フラットベッティングシステム」と呼ばれる攻略法の中の一つであるピボット法は、準備した資金の中から毎ゲーム同じ金額を同じ数字にベットするため、資金力や経験値が問われることはありません。
ルーレットの攻略法の中には、負けたらベット金額を増やしていったり、ゲーム毎にベット金額を変えていく方法など様々ありますが、ピボット法では面倒な計算が一切必要ない点が最大の魅力と言っても良いでしょう。
 
 

ピボット法の「進め方」

ピボット法の「進め方」

【Step1】ルーレットを空回し、出目をチェックする
「空回し」とは、ベットをせずにルーレットの動向だけを見守る、いわゆる「様子見」のことで、オンラインカジノでは堂々と空回しを実行しても問題ありません。
ランドカジノでは、長時間に渡っての空回しは禁止されていることから、ピボット法はオンラインカジノのルーレットに大変おすすめの勝ちかただと言えます。
 
ピボット法のホットナンバー(出やすい数字)を割り出す際には、空回しを最低でも 10 回以上実行しましょう。
例えば空回しで「2」「30」「0」「8」「12」「4」「36」「11」「30」「15」という結果が出た場合、「30」が2回出ていることがわかります。
(※この時点でまだ同じ数字が出ていない場合は、同じ数字が2回出るまで空回しを続けましょう)
 
【Step2】ホットナンバーに36回賭け続ける
上記の結果から導き出される「30」が今HOTな数字であり、次ゲームから「30」だけに一定額ベットを36回繰りかえします。
「30」の出現回数を問わず、36回一定額ベットを続けましょう。
ルーレットの1点賭けは36倍配当なため、1回的中した時点で収益が発生します。
ピボット法を繰り返し実行する場合は、空回しを再開し次のHOTな数字を探り、再度36回賭け続けます。
 
 

ピボット法の「メリット」

ピボット法の「メリット」

【メリット1】ルーレット未経験者でも運用可能な簡易システム
【メリット2】資金を把握していれば、限界を超えることが無い

「資金を勝つまで倍々に賭け続ける、青天井システム」であるマーチンゲール法などと異なり、36 回ベットするだけで、確実に1セット完走できます。
ピボット法を活用することで、途中で資金が底をつき、攻略法を続けられなくなるような事態に陥るリスクを大幅に軽減する事も可能になるでしょう。
 
 

ピボット法の「デメリット」

【デメリット】ホットナンバーが、必ずしも 36 回以内に出る補償は無い
ルーレットでは「毎ゲーム約1/36の完全確率によって出目が出現する」ため、ホットナンバーが出現しないケースに遭遇する事もあります。
例えば「20 回連続でホットナンバーに出現しないから、21回目から全く異なる数字に変更した」場合でも、出現確率は変動しません。
そう考えますと、ルーレットの勝ちかたとして、ピボット法は無意味だと感じるかもしれません。
 
明確な根拠を示すことは難しいですが「経験値に左右されることなく、低リスクで運用できるピボット法は、初心者に心強い攻略法である」と言えるでしょう。
 
 

まとめ

今回は「ピボット法の “HOT” な勝ち方」をテーマに、ホットナンバー(出やすい数字)の割り出し方や賭け方、メリット・デメリットを簡単にご紹介しました。
「ピボット法」とは、ルーレットのホットナンバーに一定の金額をベットし続ける攻略法のことで、アメリカンルーレット、ヨーロピアンルーレット共に使うことができます。
 
ピボット法はルーレットにお勧めの攻略法ではありますが、ホットナンバーの出現率は、他の数字と全く同じです。
必ずしも 36 回以内に出る補償はありませんが「経験値に左右されることなく、低リスクで運用できる攻略法」ですので、ルーレットに初めて挑戦される方や、攻略法に興味のある方は是非実践してみてください。
36 回中に同じ数字に2回・3回と出現するケースも多く、上手く行けば1セットで大きな収益に繋がります。

違法だと不安がる人がいるけどランドカジノも同じでは?

ネットカジノは、違法性の可能性があって安心してプレイすることができないという多くの声を聞きます。

ぶっちゃけ、私達がネットカジノでプレイすること自体、違法でもなく合法でもなくグレーという位置づけです。
しかし、グレーだから不安、ネットカジノでゲームをするべきではないという声があります。

そのような言い方は当たっているのかもしれませんが、ランドカジノが安全、安心とは言っても、ランドカジノだっていろいろと不安要素はあります。
つまり、100%安全性を求めているというのなら、カジノで遊ばない方がいいということになります。

結論をいえば、ネットカジノは違法でも合法でもありませんが現状100%に限りなく近く安心してプレイすることができる場所です。

ランドカジノのバカラにイカサマがある?

ランドカジノのバカラにイカサマがある

たとえば、ランドカジノのバカラでイカサマ行為が行われているのかといえば、基本的にはないという回答になるでしょう。
ランドカジノで行われているゲームは、バカラに限らず、いちいちイカサマ行為を働かないでも、カジノ側が充分収益をあげることができるメカニズムになっています。

そもそも、ランドカジノで違法行為を働かないのは、違法行為を働く意味が存在していないからです。

ランドカジノでプレイしている方々は、winwinで向き合っている訳ではありません。
それが気分悪いというのなら、ランドカジノなんて卒業してしまった方がいいでしょう。

ネットカジノは違法行為をしている?

ネットカジノは違法行為をしている

では、ネットカジノでは、違法行為がされている可能性はないのでしょうか。
ライブバカラをネットカジノではじめようと思えば、おおかたは、ゲームプロバイダーが用意してくれているライブバカラを採用することになります。

ライブバカラの方が、ダイナミックな臨場感があるというのかもしれませんが、大がかりのセッティングは相当コストがかかってしまいますし、美女ディーラーを配置しなければならなかったりして、なかなか運営コスト自体厳しくなってしまうことがあります。

また、もしもネットカジノで違法行為を働こうと思えば、ゲームプロバイダーも巻き込んでしまうことになります。
そもそも、多くが名前の知られているバカラを採用してお客様にアピールしている訳ですがそのようなバカラは、厳密な審査を受けているため、不正なプログラムが入り込むことができる余地は100%ないと言っていいでしょう。

ネットカジノは、ランドカジノよりもいささか不安という先入観はあるのかもしれませんが、ランドカジノ同程度に安心・安全ということができます。

しかし、実際にランドカジノよりも、ネットカジノの方が、違法行為を行いやすいという環境は存在しているのかもしれません。
たとえば、ライブバカラは、アルタイム画像の配信によって成立すると言っていいでしょう。
それが、あらかじめ録画されたゲームを配信していたとしたら、まさにイカサマです。

しかし、イカサマをすることですぐに失ってしまう信頼性のことを考えてみましょう。
まさに、ネットカジノでは、土俵がインターネットということになります。
インターネットって、いい評判も悪い評判も瞬間拡散してしまう手段なのです。

ですから、ネットカジノで違法行為がバレないから働いたとして、瞬間稼ぐことができたとしても、そんな稼ぎは長続きすることはありません。
すぐに悪徳業者は、ネットで酷評が拡散して袋叩きにされて、もう二度と世に登場することができなくなってしまうでしょう。

また、信頼を獲得することは、一日で出来ることではありません。
せっかく多くの信頼を獲得して運営をしているネットカジノが、違法行為をしてみすみす信頼をドブに捨ててしまうような行為は絶対にするはずがありません。

悪徳業者は、泡のように瞬間湧き立つものであり、瞬間姿を消してしまうものです。
ですから、違法ネットカジノは、一目瞭然です。
しかし、泡と化してしまうものの、また再びどこからか登場してきてしまうのも違法ネットカジノなのですが。

安心してプレイすることができない?

安心してプレイすることができない

ネットカジノの方が、ネットという間接的であるため幾分、違法行為の可能性のある環境だと言うことができるかもしれません。
しかし、ネットカジノはあえて違法行為は働かないと見ていいでしょう。

理由は、ネットカジノの方が、ランドカジノと比較して信頼されていないからです。
ネットカジノを運営しようと思っている人たちは、お客様にネットカジノを利用していただくために、まずはお客様に安心感を与えようと思うでしょう。

日本でプレイしている方々の立場から言えばネットカジノは、現在グレーゾーンの位置づけであるからランドカジノ以上、安心だという思いがなければなかなかネットカジノでプレイしようという気持ちが起こらないです。

日本人のお客様を相当あてにしているネットカジノがありますが、そのようなネットカジノの運営会社は何よりも日本人のお客様に安心安全をアピールしているのです。

まとめ

いかがでしょうか。
結論をいえば、ランドカジノ、ネットカジノ両方とも、違法行為が働く余地はそれほど存在している訳ではありません。

それは、違法行為をしても運営会社が得をしないからです。
さらに、言えば、ネットカジノの方が、まだまだ信頼が薄いため、よりお客様に対して安全、安心をアピールしている傾向が強くあります。

日本人が利用しやすいと噂のジパングカジノ

ジパングカジノは日本への参入が早い、ネットカジノの先駆け的な存在です。
日本では知名度も高く、日本語サポートも充実しているので、日本人プレイヤーから支持を受けています。

ジパングカジノの評価はどうなのか、詳しく解説していきます。
それぞれ項目に分けて紹介していくので、どんな特徴やメリット、遊び方ができるのか知りたい人は目を通しておきましょう。

入金ボーナスは有効期限がなくてお得

入金ボーナスは有効期限がなくてお得

ジパングカジノにはいくつかの入金ボーナスがあります。

初回入金ボーナスは、最大300ドルが貰えるものです。
300ドル入金すると300ドルボーナスが付与されるため、600ドルでスタートすることができます。

「初回入金ボーナス」受け取り後、残高がなくなれば「セカンド入金ボーナス」も申請することができます。
こちらも最大300ドル受け取ることができます。

2,000ドル以上入金すると1,000ドルのボーナスが貰える「初回入金BIGボーナス」、3回目以降の入金で10%が貰える「10%入金ボーナス」もあります。

ジパングカジノは、入金ボーナスがいくつかあるので評価が良いです。
しかし、除外ゲームや出金条件があるため「ボーナスがあるのは嬉しいけど少し条件が厳しい」と言った声もあります。

除外ゲームや出金条件はボーナスによっても違い、条件がいくつかあるので中にはデメリットに感じる人もいます。
ただし、ジパングカジノのボーナスは有効期限がありません。

期限がないので、気づいたら失効していたということがないため、評価している人が多いです。

ボーナス意外にも、定期的にお得なプロモーションを開催しているので、チェックしながら遊ぶようにしましょう。

勝っても負けてもコンプポイント獲得

ジパングカジノでは、10ドルをベットする度に、1ポイントのコンプポイントを受け取ることができます。
95ポイント=1ドルで計算されて還元されますが、勝っても負けてもポイントが貰える仕様です。

ある程度の金額が貯まると換金することができ、現金と同じように口座に入金することが可能です。

ボーナスと比べても制限や条件がないので使い勝手が良く、ジパングカジノのユーザーからの評価も良いです。

「ないよりあった方が絶対にお得」「毎回貯まるから地味に嬉しい」などの声があります。

サポートが充実していて遊びやすい

サポートが充実していて遊びやすい

ジパングカジノはサポートが充実しているので、日本人でも遊びやすいと評価が良いです。
日本語に完全対応しており、対応時間は365日24時間となっています。

メール、電話、チャットなど、日本人スタッフが対応してくれるので言葉の壁が一切なく安心感もあります。

また、公式YouTubeチャンネルがあり、遊び方やルールなども公開しています。
初めて利用する人、ネットカジノが良く分からない人にも動画を見ることができるので分かりやすいと好評です。

無料モードも搭載しているので、じっくり試してからプレイしたい人も安心できます。
「サポートに関してはネットカジノで一番良い」「深夜に遊ぶことが多いので24時間サポートは助かる」と言った声があります。

安心安全だから心配が少ない

ジパングカジノは2005年に設立されたネットカジノです。
国際ライセンスも保有していますし、ペイアウト率を毎月公開しているので安心感があります。

ペイアウト率とは、チップ枚数に対する払い出しのことです。
ジパングカジノは、毎月このペイアウト率を公開しているので、上級者も初心者も安心して遊ぶことができます。

第三者機関に監査を依頼していますし、ペイアウト率公開していて不正がないのは明らかです。
こういった理由から、ジパングカジノ信頼性への評価は高いです。

数は多くないが人気ゲームは網羅している

現在、600種類以上のゲームで遊ぶことができます。
ジパングカジノのゲームについての評価をチェックすると、「プレイテック社のゲームしかない」と書かれていることもありますが、それは以前の話です。

現在は他社とも契約しているので、ゲーム数が増えています。
他の大手ネットカジノと比べると、ゲームの種類が多くないのは事実ですが、それでも選りすぐりのゲームが揃っています。

「遊ぶゲームには困らない」「新作も定期的に入るし満足」なども声もあります。
人気タイトルはもちろん、タイアップゲームなどもあるのでゲームについての評価もまずますです。

また、ジパングカジノではダウンロード版、フラッシュ版、モバイル版の3種類で遊ぶことができます。
もちろん同じアカウントで使えるので、その時によって端末を変更したい人にも使い勝手が良いです。

まとめ

まとめ

ジパングカジノの24時間対応は高評価です

サポートには定評がありますし、ボーナスやコンプポイントお得です。

ジパングカジノは日本人が遊びやすいネットカジノなので、ユーザーからの評価が高いです。

決済方法も種類が多く、無料モードやYouTube解説など嬉しいサポートもあるので、初心者にもおすすめです。
無料モードで遊べばお金は一切かからないので、心配な人はまずは無料でプレイして様子を見ていくようにしましょう。

オンラインカジノの合法性について

オンラインカジノの合法性について

日本にはないカジノをネットを通じて楽しめるのがオンラインカジノの魅力です。
リアルカジノと同様に実際にお金をかけて勝負できるオンラインカジノですが、遊ぶにあたって気になるのが法律の問題です。
日本では公営ギャンブルを除く賭け事は法律で禁止されています。

そんな現状でネット経由とはいえオンラインカジノでお金を賭ける行為に法律的な問題はないのでしょうか。
今回は、オンランカジノの違法性・合法性について法律的観点と実事例から解説します。

賭け事は賭博罪の取り締まり対象

オンラインカジノの違法性を考える上で重要になるのが「賭博罪」です。
賭博罪は正式名称を賭博及び富くじに関する罪という法律で、簡単に言えば賭け事全般を取り締まる法律です。
日本では基本的にすべての賭け事が禁止されています。

例外的に認められているのは競馬、競輪、競艇、オートレースのいわゆる公営ギャンブル4競技と宝くじのみです。
それ以外の賭博行為は金額や規模の大小にかかわらずすべて賭博罪による取り締まり対象になります。

賭博行為が禁止されている日本では当然お金をかけるカジノも違法な存在です。
近年IR法によるカジノ解禁が大きな話題になっていますが現在のところ日本に合法的に遊べるカジノは存在していません。

賭け事は賭博罪の取り締まり対象

オンラインカジノに違法性はあるのか

日本では公営ギャンブルと宝くじ以外の賭博行為は全て違法です。
そうするとオンライン上とはいえ実際にお金をかけて楽しめるオンラインカジノも違法な存在ということになりそうですが、話はそう単純ではありません。

大前提として言えるのが、オンラインカジノは違法ではないという事実です。
オンラインカジノは日本からネット回線を通じてカジノゲームをプレイしていますが、運営企業とサイトが開かれているサーバーは日本国内ではなくカジノが合法な外国に設置されています。
オンラインカジノのシステムはオンラインカジノが法律で認められている国で提供されているサービスを日本からネット回線を通じてアクセスして利用している、という形式を撮っています。

つまりオンラインカジノが開催されているのは日本国内ではなく海外であり、カジノゲームでの賭博行為は日本の法律である賭博罪の規制対象外という論理で運営されています。

ネット上の法規制はサーバー設置国の法律が適用されるのが世界的な考え方です。
この原則があるかぎり海外で運営されているオンラインカジノに日本の賭博罪が適用されて違法となることはありません。

今のところ合法なサービス

オンラインカジノの違法性については運営会社とサーバーが海外に置かれていることで否定されています。
現金を賭けても違法ではありません。

ただし、違法性が否定されているのは原状での話であり完全に合法であるという見解が出ているわけではないことには注意が必要です。
違法ではないのに合法でもないというのはどういうこと? と疑問に思われるかもしれません。

たしかに合法と言い切れないのはスッキリしない話ですが、オンラインカジノを取り巻く法律環境を見る限り「今のところ合法」という表現が現状を一番的確に表しています。

オンラインカジノが今のところ合法としか表現できない最大の理由は、オンラインカジノを直接取り締まる法律が現状で存在しないからです。
ネットを規制する法律や送金を管轄する法律、賭博を取り締まる法律など御来カジノ個々のサービスや行為を規定する法律はそれぞれ存在します。

しかし、オンラインカジノという存在を直接取り締まる法律は存在しません。
多くの法律を継ぎ接ぎで解釈しながら規制や違法性について判断しているのがオンラインカジノを取り巻く法環境の現状です。
オンラインカジノは今のところ合法なサービスです。

しかし、法律的正当性の裏付けとなる法律がないため合法か違法かはっきりしないところがあるグレーな存在であると言わざるをえません。
今のところオンラインカジノで遊んでいても問題はありませんが、将来的に法律改正や法解釈の変更があれば違法な存在とされる可能性もあります。
いきなりアナウンスもなく違法な扱いになる可能性は低いですが、オンラインカジノに対する社会的意識が大きく変化すれば扱いがガラリと変わり違法とされる可能性は否定できません。

オンラインカジノが違法とされた事例

オンラインカジノが違法とされた事例

現状でオンラインカジノは合法とも違法とも断言できないグレーな存在ですが基本的には合法とするのが有力な見解です。
一般のプレイヤーがオンラインカジノをプレイしていていきなり賭博罪違反で逮捕される心配は不要です。

賭博罪で逮捕される心配はありませんが、過去の事例をみるとオンラインカジノがらみで違法と判断され逮捕されたケースもあります。
ネットカフェのように実店舗を構えてオンラインカジノがプレイできることをうたい文句に客を集めネット経由でのカジノゲームサービスを提供していた業者が逮捕された事例が過去に存在しています。
このケースでは店の利用者ではなくオンラインカジノを客にプレイさせた店の経営者が賭博場開設を主たる容疑として逮捕されています。

2016年には海外で運営されているオンラインカジノを利用していたプレイヤーが賭博容疑で逮捕される事例が発生しました。
警察庁は違法性は明らかで賭博罪での立件は可能都の見解を示していましたが、海外でライセンスを取得しているオンラインカジノの合法性を根拠を崩すところまではいかず最終的には略式起訴による罰金刑と不起訴処分に終わりました。

結果だけをみると御来カジノが違法だから罰金刑が確定したと言えなくもありませんが、警察が立件を見越して逮捕しながら略式起訴と不起訴処分で終わったのは裁判で勝ち目がないと警察が判断したからでありひとまず違法性は否定されたと判断するのが適切です。

まとめ

オンラインカジノをプレイすることそのものについて違法だという判断が裁判所から出されたケースはありません。
多くのオンラインカジノが営業していながら取り締まりが行われない現状を見れば安心して遊んで問題はないというのは明らかです。

オンラインカジノの中には合法を装って違法行為を行う悪質な詐欺サイトも存在します。
利用する際は管轄国のライセンスや第三者機関の認証などを取得している信頼できるサービスを選んでください。

高レベルの知名度を誇るカジノの人気ゲーム

カードゲームの中でもっとも人気の高いゲーム

カードゲームの中でもっとも人気の高いゲーム

ブラックジャックは、オンラインカジノのカードゲームの中でも1番人気のカードゲームです。
ディーラーとのゲームの駆け引きは手に汗を握るものがありますし、様々なアクションが用意されているので自分のプレイスタイルに合わせて勝負することもできます。
そうしたゲームとして熱中し、楽しむことができることからブラックジャックの人気は世界的なものとなっています。

オンラインカジノの世界においてもブラックジャックの人気は大変高く、特に画面越しにディーラーと勝負できるライブブラックジャックは連日大盛況となっていて、画面越しからでもその熱気を感じることができます。

ライブブラックジャックでは、チャット形式でコメントを残すことができるので、同じテーブルに着いた人たちとディーラーに勝った時の喜びを共感することができます。
こうした同じ目的を持つ人たちと共感できるということもまた、ブラックジャックがオンラインカジノのカードゲームで1番人気となっている理由でしょう。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックでもっとも強い数字は21です。
手札がぴったり21になることをブラックジャックと呼びます。
プレイヤー・ディーラーどちらの手札が21に近いか、それで勝敗が決まります。

テーブルに着くと、まずディーラー、プレイヤー全員にカードが2枚ずつ配られます。
ディーラーのカードは1枚のみオープンとなりもう1枚は伏せられ、プレイヤーからはわからない状態でゲームが開始されます。

ブラックジャックはカードの数字がそのままゲームに使われるわけではなく、一部独自の数え方でカウントします。
2から9までの数字はその数字どおりカウントされるのですが、10からKまではすべて10としてカウントします。

そして、Aの場合は1、11のどちらにもカウントすることができるので、Aを引くとゲームを有利に進めることができます。
例えば、配られた最初の2枚がAと10、J、Q、Kのどれかであった場合合計は21となりもっとも強い手となります。

カードは初めに2枚配られますが、ディーラーに追加のカードを要求することもでき、この追加のカードを要求することをヒットと呼びます。
どんな数字のカードが追加されるかはわからないので、自分の手札の合計だけに目を向けるのではなく、オープンされているディーラーのカードにも目を向ける必要があります。

もちろん、手札の合計が4や5といった小さなものだった場合、ヒットし追加のカードを受け取るのが得策なのですが、手札の合計が12以上だった場合、配られるカードの数字によっては21を超えてしまう場合があります。

手札の合計が21を超えてしまうとバーストとなり、その時点で勝負の負けが決まってしまいますので、追加のカードを受け取る際はよくよく考えた上で行動に移す必要があります。
ですが、このバーストはディーラー側にとっても同じことが言えるので、いかに手札の合計を21に近づけながら、ディーラーをバーストさせるように仕向けるのもブラックジャックの醍醐味です。

ブラックジャックの配当率

ブラックジャックは勝つか負けるかの勝率50%の勝負であるため、ディーラーのバーストを含め、カードの合計がディーラーよりも21に近付けると配当率は1となり、賭けた金額と同じ分の利益を得ることができます。
しかしブラックジャックで勝利した場合の配当率は1.5倍となり、通常の勝ちよりもより多くの利益を得ることができます。

100ドルを賭けてブラックジャックで勝った場合は150ドルを手に入れることができます。
プレイヤー、ディーラーの合計が同じになった場合は引き分けとなり、賭けた金額がそのまま手元に戻ってきます。

ブラックジャックで利用できるアクション

ブラックジャックで利用できるアクション

ブラックジャックではカードを1枚追加してもらうヒットをはじめ、様々なアクションが用意されています。
そのアクションの中でもゲームでよく用いられているのがダブルダウンです。
ダブルダウンとは賭けたチップを倍にして3枚目のカードを引くことです。

最初に配られた2枚のカードの合計にある程度余裕がありバーストする可能性が少なく、かつブラックジャックを狙いにいけるようなシチュエーションで最適なアクションです。

そして、負けると思ったゲームで使えるアクションもあります。
ディーラーの1枚目のカードがAだった場合、自分の手札にAがなければ勝てる可能性はかなり低くなります。

そうした負け勝負が見えている状況で使えるのがサレンダーです。
サレンダーとは降参の意味で、サレンダーを使うとチップの半分を支払い勝負から降りることができます。
資金が残り少なく大切に使いたい時にはとても役に立つアクションです。

また他にも、配られたカードの数字が同じ場合、手札を2つに割り、2つの手札を持って勝負できるスプリットという少々変わったアクションもあります。
手札が2つになることにより勝率も増すので、絶対に利益を残したいという時に使えるアクションです。

ブラックジャックには他にもまだ様々なアクションが用意されています。
こうしたゲームに使えるアクションが豊富にあることにより、自分独自のプレイスタイルで勝負を行うことができます。

現実に存在しないことが高配当の理由

インターネットさえあれば気軽に大きな利益を狙えるオンラインカジノ。
国内の他のギャンブルよりも高い人気を集めていると言われていますが、具体的な部分で他のギャンブルとどのような違いがあるのかについてチェックしてみました。

オンラインカジノと他のギャンブルの違い

オンラインカジノと他のギャンブルの違い

オンラインカジノと他のギャンブルの大きな違いとして、「インターネット上なのか」という点が挙げられるのではないでしょうか。

日本国内で楽しめるギャンブルとしては、競馬や競輪、競艇といった公営ギャンブル、パチンコやパチスロですが、いずれもインターネット上ではなく現実空間にて行われているものです。

そして、公営ギャンブルの場合には開催日に楽しむことになりますし、パチンコやパチスロの場合は店舗の営業時間に足を運んで楽しむ形になります。

一方のオンラインカジノは24時間365日いつでも楽しめます。
インターネット上なのでいつでも手軽に楽しめます。

ましてやオンラインカジノはパソコンだけではなく、スマートフォンからも楽しめますので、ちょっとした空き時間に手元で楽しめます。
さすがにこの点は他のギャンブルでは難しいことなのではないでしょうか。

オンラインカジノは海外産

オンラインカジノは海外産

公営ギャンブルやパチスロ・パチンコはあくまでも国内のギャンブルです。
パチンコやパチスロに関してはグレーゾーンだとも囁かれていますが、それも国内の法的な見地からというものですし、公営ギャンブルは政府から認可を受けた真っ当なギャンブルになります。

しかし、オンラインカジノは日本のギャンブルではなく、海外のギャンブルになります。
そのため、日本の法律で縛られていません。
大きな利益を狙えるのもそのためです。

日本のギャンブルに於いて、数百万円もの利益を得るのは簡単ではありません。
むしろ余程の奇跡が起きない限り不可能なラインなのではないでしょうか。

日本のギャンブルの規模やペイアウトを考えると、そのような配当をお客に出すのは難しい物です。
万馬券は例外ですが、万馬券はなかなか起きないからこその高配当です。

その点オンラインカジノは数百万円単位の利益など珍しいものではありません。
日本国内のギャンブルとは価値観が異なりますので、数十万円、数百万円はおろか、それ以上の利益を稼いでいる人も珍しくありません。
それだけに、オンラインカジノには「夢」があると考えて良いのではないでしょうか。

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノは国内のギャンブルと比べてペイアウトが高い点も特徴です。
ペイアウトとは「還元率」です。

どのようなギャンブルであれビジネスです。
お客が投じたお金から必要経費を差し引き、且つお客に還元し、手元に残ったお金が利益になります。
つまり、ペイアウトが高いということはそれだけ身を削っていることになります。

オンラインカジノのペイアウトは95%以上とされており、70%前後と囁かれている競馬や競輪、80%前後と囁かれているパチンコやパチスロよりも断然高いことが分かるのではないでしょうか。
なぜ高いペイアウトを可能にしているかといえば、経費がかからないからです。

オンラインカジノは店舗で営業している訳ではありません。
パチンコやパチスロの場合、店舗にて営業しています。
自社ビルであっても建設費や固定資産税がかかりますし、借りているのであれば毎月賃貸料がかかります。

それだけではなく、水道光熱費、人件費がかかりますし、新台を入荷する場合には仕入れもかかります。
競馬や競輪の場合、人を育てる費用もかかります。

ちなみに宝くじは50%前後とされていますが、全国への配送等を考えると低いペイアウトも致し方ないのでしょう。

その点オンラインカジノはサーバー上のプログラムになりますので、店舗運営のように場所代や水道光熱費はかかりませんし、最低限のサポートさえあれば良いので人件費もかかりません。
そのため、お客からのお金の多くを還元に回すことができるのです。

また、ペイアウトはあくまでもパーセンテージになりますので、お客が増えれば増えるほど、さらにはお客が投じるお金が増えれば増えるほど、還元する実際の額も増えていきます。
結果、先にもお伝えしたような大きな利益を手にできるチャンスが増えるのです。

ペイアウトは業者側の利益に直結する部分ですが、ユーザーにとってもどれだけ利益が得られるのかの一つの指標になりますので、高いに越したことはありません。

まとめ

オンラインカジノが他のギャンブルと違う部分は多々ありますが、ペイアウトの高さやいつでも楽しめる点など、いわば「インターネット上だから」に尽きるのではないでしょうか。

インターネット上で楽しめるものだからこそ、手軽であり、かつ合理的で経費が掛かっていないからこそ高いペイアウトが可能です。
裏を返せば、実際の店舗ではオンラインカジノに並ぶのは限りなく不可能に近いということです。

スロットならば気負いなく始められる

オンラインカジノの中でも、スロットマシンは初心者から上級者まで幅広い人気を集めています。
その理由はいくつかありますが、「自分のペース」つまりは「マイペース」に楽しむことができる点が特徴です。

マイペースに楽しめるのはスロットだけ?

マイペースに楽しめるのはスロットだけ

オンラインカジノは様々な楽しみ方ができますが、一方では自分のペースで楽しめる遊戯はある意味ではスロットだけと言えるでしょう。
なぜなら、他のゲームには時間制限があるからです。

例えばバカラやブラックジャック、ポーカーといったトランプを活用するゲームの場合、時間内に自分の考えをまとめなければなりません。
また、制限時間もあれば相手バンカーとの駆け引き当もありますので、「マイペース」とは言えません。
自分のペースで楽しもうと思っても、結局は制限時間があるので、その間に考えをまとめなければなりません。

ルーレットは対人の駆け引きはありませんが、それでもゲームが始まる前までに自分の考えをまとめなければなりません。
いつまでも待ってくれる訳ではありませんので、トランプゲームほどではないにせよ、ある程度時間との勝負を強いられる側面もあるでしょう。

その点、スロットは自分でゲームを開始しなければゲームそのものが始まりませんし、回っているリールを止めるのも自分です。
オンラインカジノによってはさすがに時間によってリールが自動で止まるものもありますが、自分で始めなければリールは回らないですし、そもそもトランプやルーレットのように、深く考える必要があるゲームではありません。

回転しているリールを止める。
これだけの単純なものなので、トランプのように様々なことを考える必要もなければ、それこそ何も考えずにリールを止めるだけでも楽しめます。
それこそ他のオンラインカジノのゲームではできない「ながらプレイ」でも楽しめます。

リールを止めるだけなので、そこに意思はありません。
つまり、テレビを見ながら、あるいは他のことをやりながらでもスロットを楽しめます。

さすがにこのような形で楽しめるゲームはオンラインカジノの中でもスロットだけでしょう。

スキルがそこまで必要ではない点も魅力

スキルがそこまで必要ではない点も魅力

スロットの魅力として、ギャンブラーとしてのスキルがそこまで求められるものではない点も挙げられます。

他のゲームの場合、特に前途のトランプゲームの場合、ある程度はスキルも求められるでしょう。
特に近年オンラインカジノの中でも増加傾向にあるライブゲームの場合、本当にカジノに出入りしているのではないかと思うような臨場感が楽しめる一方で、心理的な駆け引きも求められます。

初心者の場合、ゲームを楽しむよりも、駆け引きに飲み込まれてしまう可能性もあります。
考えれば考えるほど相手の思うつぼに…といったこともありますので、なかなか「マイペース」に楽しむことができず、思ったような勝利を得られないと嘆く人もいるでしょう。
その点スロットの場合、対人ではありませんので駆け引き不要です。

つまり、ギャンブラーとしての力量を気にすることなく、自分のペースで楽しめます。

ルールの面でも自分のペースが守れる

ルールの面でも自分のペースが守れる

スロットの魅力はまだあります。
それはルールが単純な点です。

トランプ、あるいはルーレットの場合、単純なようで奥深いです。
特にトランプの場合、バカラ、ブラックジャック、ポーカーなどそれぞれによって全くルールが異なりますので、まずはルールを覚えなければなりません。

果たして自分の持っているトランプは、どのような配役が狙えるのか。
相手が持ってそうなカードと自分のカードとではどちらの方が良いのかなども覚えなければなりません。

ましてや、先にもお伝えしたように、トランプのゲームには制限時間がありますので、それらの判断を制限時間内に行わなければなりません。
そのため、初心者にとってはトランプゲームは「マイペース」とはいかないことでしょう。

もちろんそのような瞬時の判断・駆け引きが上級者にとっては魅力となっている部分ですが、初心者にとっては「あれもこれも」となりますので簡単ではありません。
それらを考えると、スロットが如何に「自分のペース」で楽しめるものなのかが分かるのではないでしょうか。

オンラインカジノを始めたばかりの人やこれからオンライカジノをと考えている人にとって、スロットでオンラインカジノがどのようなものなのかを判断してみるのも良いのではないでしょうか。

最後に

オンラインカジノはどのように楽しむのも自由ではありますが、一方でやはり「勝利」こそ魅力なのではないでしょうか。
勝利のためにはある程度経験が必要ですし、経験を積むためには自分のペースで取り組めるゲームを試した方が無難です。
それらを考えると、まずはスロットでオンラインカジノに「慣れる」のも良いのではないでしょうか。

勝利の味を覚えることで、他のゲームにも余裕を持って取り組めるようになることでしょう。