ベラジョンカジノで最もお得に入金と出金ができるのはどれ?

ベラジョンカジノは、日本でも人気のあるオンラインカジノの一つです。
大当たりなども出しやすく、中にはベラジョンカジノの大当たりだけで、ずっと遊んでいる人もいるほどです。

ですが、入金ボーナスなどを考えればお得に入金のできるシステムが、気になってくることもあると思います。
ベラジョンカジノは、入金ボーナスや期間限定入金ボーナスがあることから、できるだけ反映の早い決済を利用したいというのは、本音ではないでしょうか?

クレジットカードの決済

クレジットカードの決済

ベラジョンカジノで、即反映できるクレジットカードはVISAになります。
マスターカードは翌日~3営業日になることが多く、ほとんどが2営業日内の反映になります。
翌日反映がほとんどですが、余裕をもって2営業日と考えておくといいかもしれません。

また、JCBなど一部のクレジットカードは利用できないので、VISA以外では即時入金反映は難しいと考えていいでしょう。
入金時の手数料は最大5ドル+決済手数料になります。

仮想通貨

仮想通貨
昨今では日本でも仮想通貨を取り扱う人が増え、芸能人なども仮想通貨のCMなどに出ているようになり名前だけは知っていると人も多いかと思います。
仮想通貨はアップダウンが大きく、取り扱いになれている人は利益を出しやすいですが損をする場合にも大きなものになることが多いのも特徴です。

仮想通貨のビットコインなどでの入金は即時反映なので、ビットコインなどの取引をしているひとはビットコインでの入金などがおすすめになります。
ビットコインをはじめベラジョンカジノで認可している仮想通貨であれば入金手数料は無料になります。

エコペイズなどの指定電子決済

ベラジョンカジノではエコペイズをはじめいくつかの電子決済が使用できます。
電子決済なので事前に内部に入金をしておくことが必要になりますが、入金ができていれば即時反映が可能です。
また、電子決済からの入金の際には手数料もかかりません。

電子決済の中でもエコペイズがおすすめの入金の理由とは?

電子決済の中でもエコペイズがおすすめの入金の理由とは

電子決済の中でも日本でエコペイズがおすすめされる理由はいくつかあります。

・国内の口座に日本円で入金するだけ
エコペイズは英国の電子決済なので、ユーロドルでの取り扱いになります。
ですが、日本でもエコペイズの人気が高いのはなぜ?と思う人もいるのではないでしょうか。

エコペイズは入金の際に日本の銀行の口座を代理口座にしています。
三井住友銀行の代理口座に入金するだけでその日の為替のレートに合わせてユーロドルにエコペイズの中で変換してくれます。

オンラインカジノの入金はドルですが、この時もユーロドルからドルへの変更もエコペイズの内部で行ってくれます。
ユーザーは基本的に口座に手数料を入れた金額を入金するだけです。

・入金から反映までがスピーディー
エコペイズ公式サイトでは口座に入金してからエコペイズに反映するまで翌日~3営業日と表記していますが、早ければ入金してから1時間ほどで反映することもあります。
余裕をもって入金することがおすすめにはなりますが、反映の速度はほかの電子決済よりもスピーディーであり日中に入金すれば当日か翌日にはほぼ反映していると考えてもいいでしょう。

・入金を一本化できる
オンラインカジノは一つだけではなく複数を掛け持ちで遊んでいる人がほとんどです。
クレジットカードは1回ごとに決済手数料がかかり、オンラインカジノごとに入金手数料もかかります。

エコペイズはエコペイズに入金しておけば複数のオンラインカジノに分配入金も可能であり、この際もエコペイズに入金した際の手数料しか掛かりません。
エコペイズからオンラインカジノへの入金は手数料が無料のことが多いです。

・出金も簡単にできる
エコペイズは電子決済です。
オンラインカジノでの大当たりなどを出金する際にもエコペイズを経由して出金を選ぶことで本人確認などのカットができることもあります。
(これはそれぞれのカジノの規約で違ってくることもあり、エコペイズ経由でも初回出金時は本人確認が必要なこともあります。)

エコペイズは出金口座の登録の際に本人確認を終わらせているので煩わしい部分をカットしての出金も可能です。

・アカウントの開設が簡単にできる
海外の電子決済のアカウントの開設は難しいと思われがちですが、エコペイズは日本語設定を行うことで解説を簡単にすることができます。
手順と案内に従って入力をするだけいいので英語が苦手な人などでも問題なくアカウントの開設ができます。

サポートメールも日本語の対応が可能なので、分からない部分などはメールで問い合わせても日本語での返信が帰ってくるので安心できる部分があります。

アカウントの開設の際には出金が可能になるシルバーランクへのランクアップが必要になりますが、このランクアップも簡単な手続きと無料でできるのでユーザーに嬉しいサービスが多い電子決済と言えます。

違法だと不安がる人がいるけどランドカジノも同じでは?

ネットカジノは、違法性の可能性があって安心してプレイすることができないという多くの声を聞きます。

ぶっちゃけ、私達がネットカジノでプレイすること自体、違法でもなく合法でもなくグレーという位置づけです。
しかし、グレーだから不安、ネットカジノでゲームをするべきではないという声があります。

そのような言い方は当たっているのかもしれませんが、ランドカジノが安全、安心とは言っても、ランドカジノだっていろいろと不安要素はあります。
つまり、100%安全性を求めているというのなら、カジノで遊ばない方がいいということになります。

結論をいえば、ネットカジノは違法でも合法でもありませんが現状100%に限りなく近く安心してプレイすることができる場所です。

ランドカジノのバカラにイカサマがある?

ランドカジノのバカラにイカサマがある

たとえば、ランドカジノのバカラでイカサマ行為が行われているのかといえば、基本的にはないという回答になるでしょう。
ランドカジノで行われているゲームは、バカラに限らず、いちいちイカサマ行為を働かないでも、カジノ側が充分収益をあげることができるメカニズムになっています。

そもそも、ランドカジノで違法行為を働かないのは、違法行為を働く意味が存在していないからです。

ランドカジノでプレイしている方々は、winwinで向き合っている訳ではありません。
それが気分悪いというのなら、ランドカジノなんて卒業してしまった方がいいでしょう。

ネットカジノは違法行為をしている?

ネットカジノは違法行為をしている

では、ネットカジノでは、違法行為がされている可能性はないのでしょうか。
ライブバカラをネットカジノではじめようと思えば、おおかたは、ゲームプロバイダーが用意してくれているライブバカラを採用することになります。

ライブバカラの方が、ダイナミックな臨場感があるというのかもしれませんが、大がかりのセッティングは相当コストがかかってしまいますし、美女ディーラーを配置しなければならなかったりして、なかなか運営コスト自体厳しくなってしまうことがあります。

また、もしもネットカジノで違法行為を働こうと思えば、ゲームプロバイダーも巻き込んでしまうことになります。
そもそも、多くが名前の知られているバカラを採用してお客様にアピールしている訳ですがそのようなバカラは、厳密な審査を受けているため、不正なプログラムが入り込むことができる余地は100%ないと言っていいでしょう。

ネットカジノは、ランドカジノよりもいささか不安という先入観はあるのかもしれませんが、ランドカジノ同程度に安心・安全ということができます。

しかし、実際にランドカジノよりも、ネットカジノの方が、違法行為を行いやすいという環境は存在しているのかもしれません。
たとえば、ライブバカラは、アルタイム画像の配信によって成立すると言っていいでしょう。
それが、あらかじめ録画されたゲームを配信していたとしたら、まさにイカサマです。

しかし、イカサマをすることですぐに失ってしまう信頼性のことを考えてみましょう。
まさに、ネットカジノでは、土俵がインターネットということになります。
インターネットって、いい評判も悪い評判も瞬間拡散してしまう手段なのです。

ですから、ネットカジノで違法行為がバレないから働いたとして、瞬間稼ぐことができたとしても、そんな稼ぎは長続きすることはありません。
すぐに悪徳業者は、ネットで酷評が拡散して袋叩きにされて、もう二度と世に登場することができなくなってしまうでしょう。

また、信頼を獲得することは、一日で出来ることではありません。
せっかく多くの信頼を獲得して運営をしているネットカジノが、違法行為をしてみすみす信頼をドブに捨ててしまうような行為は絶対にするはずがありません。

悪徳業者は、泡のように瞬間湧き立つものであり、瞬間姿を消してしまうものです。
ですから、違法ネットカジノは、一目瞭然です。
しかし、泡と化してしまうものの、また再びどこからか登場してきてしまうのも違法ネットカジノなのですが。

安心してプレイすることができない?

安心してプレイすることができない

ネットカジノの方が、ネットという間接的であるため幾分、違法行為の可能性のある環境だと言うことができるかもしれません。
しかし、ネットカジノはあえて違法行為は働かないと見ていいでしょう。

理由は、ネットカジノの方が、ランドカジノと比較して信頼されていないからです。
ネットカジノを運営しようと思っている人たちは、お客様にネットカジノを利用していただくために、まずはお客様に安心感を与えようと思うでしょう。

日本でプレイしている方々の立場から言えばネットカジノは、現在グレーゾーンの位置づけであるからランドカジノ以上、安心だという思いがなければなかなかネットカジノでプレイしようという気持ちが起こらないです。

日本人のお客様を相当あてにしているネットカジノがありますが、そのようなネットカジノの運営会社は何よりも日本人のお客様に安心安全をアピールしているのです。

まとめ

いかがでしょうか。
結論をいえば、ランドカジノ、ネットカジノ両方とも、違法行為が働く余地はそれほど存在している訳ではありません。

それは、違法行為をしても運営会社が得をしないからです。
さらに、言えば、ネットカジノの方が、まだまだ信頼が薄いため、よりお客様に対して安全、安心をアピールしている傾向が強くあります。

オンラインカジノの合法性について

オンラインカジノの合法性について

日本にはないカジノをネットを通じて楽しめるのがオンラインカジノの魅力です。
リアルカジノと同様に実際にお金をかけて勝負できるオンラインカジノですが、遊ぶにあたって気になるのが法律の問題です。
日本では公営ギャンブルを除く賭け事は法律で禁止されています。

そんな現状でネット経由とはいえオンラインカジノでお金を賭ける行為に法律的な問題はないのでしょうか。
今回は、オンランカジノの違法性・合法性について法律的観点と実事例から解説します。

賭け事は賭博罪の取り締まり対象

オンラインカジノの違法性を考える上で重要になるのが「賭博罪」です。
賭博罪は正式名称を賭博及び富くじに関する罪という法律で、簡単に言えば賭け事全般を取り締まる法律です。
日本では基本的にすべての賭け事が禁止されています。

例外的に認められているのは競馬、競輪、競艇、オートレースのいわゆる公営ギャンブル4競技と宝くじのみです。
それ以外の賭博行為は金額や規模の大小にかかわらずすべて賭博罪による取り締まり対象になります。

賭博行為が禁止されている日本では当然お金をかけるカジノも違法な存在です。
近年IR法によるカジノ解禁が大きな話題になっていますが現在のところ日本に合法的に遊べるカジノは存在していません。

賭け事は賭博罪の取り締まり対象

オンラインカジノに違法性はあるのか

日本では公営ギャンブルと宝くじ以外の賭博行為は全て違法です。
そうするとオンライン上とはいえ実際にお金をかけて楽しめるオンラインカジノも違法な存在ということになりそうですが、話はそう単純ではありません。

大前提として言えるのが、オンラインカジノは違法ではないという事実です。
オンラインカジノは日本からネット回線を通じてカジノゲームをプレイしていますが、運営企業とサイトが開かれているサーバーは日本国内ではなくカジノが合法な外国に設置されています。
オンラインカジノのシステムはオンラインカジノが法律で認められている国で提供されているサービスを日本からネット回線を通じてアクセスして利用している、という形式を撮っています。

つまりオンラインカジノが開催されているのは日本国内ではなく海外であり、カジノゲームでの賭博行為は日本の法律である賭博罪の規制対象外という論理で運営されています。

ネット上の法規制はサーバー設置国の法律が適用されるのが世界的な考え方です。
この原則があるかぎり海外で運営されているオンラインカジノに日本の賭博罪が適用されて違法となることはありません。

今のところ合法なサービス

オンラインカジノの違法性については運営会社とサーバーが海外に置かれていることで否定されています。
現金を賭けても違法ではありません。

ただし、違法性が否定されているのは原状での話であり完全に合法であるという見解が出ているわけではないことには注意が必要です。
違法ではないのに合法でもないというのはどういうこと? と疑問に思われるかもしれません。

たしかに合法と言い切れないのはスッキリしない話ですが、オンラインカジノを取り巻く法律環境を見る限り「今のところ合法」という表現が現状を一番的確に表しています。

オンラインカジノが今のところ合法としか表現できない最大の理由は、オンラインカジノを直接取り締まる法律が現状で存在しないからです。
ネットを規制する法律や送金を管轄する法律、賭博を取り締まる法律など御来カジノ個々のサービスや行為を規定する法律はそれぞれ存在します。

しかし、オンラインカジノという存在を直接取り締まる法律は存在しません。
多くの法律を継ぎ接ぎで解釈しながら規制や違法性について判断しているのがオンラインカジノを取り巻く法環境の現状です。
オンラインカジノは今のところ合法なサービスです。

しかし、法律的正当性の裏付けとなる法律がないため合法か違法かはっきりしないところがあるグレーな存在であると言わざるをえません。
今のところオンラインカジノで遊んでいても問題はありませんが、将来的に法律改正や法解釈の変更があれば違法な存在とされる可能性もあります。
いきなりアナウンスもなく違法な扱いになる可能性は低いですが、オンラインカジノに対する社会的意識が大きく変化すれば扱いがガラリと変わり違法とされる可能性は否定できません。

オンラインカジノが違法とされた事例

オンラインカジノが違法とされた事例

現状でオンラインカジノは合法とも違法とも断言できないグレーな存在ですが基本的には合法とするのが有力な見解です。
一般のプレイヤーがオンラインカジノをプレイしていていきなり賭博罪違反で逮捕される心配は不要です。

賭博罪で逮捕される心配はありませんが、過去の事例をみるとオンラインカジノがらみで違法と判断され逮捕されたケースもあります。
ネットカフェのように実店舗を構えてオンラインカジノがプレイできることをうたい文句に客を集めネット経由でのカジノゲームサービスを提供していた業者が逮捕された事例が過去に存在しています。
このケースでは店の利用者ではなくオンラインカジノを客にプレイさせた店の経営者が賭博場開設を主たる容疑として逮捕されています。

2016年には海外で運営されているオンラインカジノを利用していたプレイヤーが賭博容疑で逮捕される事例が発生しました。
警察庁は違法性は明らかで賭博罪での立件は可能都の見解を示していましたが、海外でライセンスを取得しているオンラインカジノの合法性を根拠を崩すところまではいかず最終的には略式起訴による罰金刑と不起訴処分に終わりました。

結果だけをみると御来カジノが違法だから罰金刑が確定したと言えなくもありませんが、警察が立件を見越して逮捕しながら略式起訴と不起訴処分で終わったのは裁判で勝ち目がないと警察が判断したからでありひとまず違法性は否定されたと判断するのが適切です。

まとめ

オンラインカジノをプレイすることそのものについて違法だという判断が裁判所から出されたケースはありません。
多くのオンラインカジノが営業していながら取り締まりが行われない現状を見れば安心して遊んで問題はないというのは明らかです。

オンラインカジノの中には合法を装って違法行為を行う悪質な詐欺サイトも存在します。
利用する際は管轄国のライセンスや第三者機関の認証などを取得している信頼できるサービスを選んでください。

現実に存在しないことが高配当の理由

インターネットさえあれば気軽に大きな利益を狙えるオンラインカジノ。
国内の他のギャンブルよりも高い人気を集めていると言われていますが、具体的な部分で他のギャンブルとどのような違いがあるのかについてチェックしてみました。

オンラインカジノと他のギャンブルの違い

オンラインカジノと他のギャンブルの違い

オンラインカジノと他のギャンブルの大きな違いとして、「インターネット上なのか」という点が挙げられるのではないでしょうか。

日本国内で楽しめるギャンブルとしては、競馬や競輪、競艇といった公営ギャンブル、パチンコやパチスロですが、いずれもインターネット上ではなく現実空間にて行われているものです。

そして、公営ギャンブルの場合には開催日に楽しむことになりますし、パチンコやパチスロの場合は店舗の営業時間に足を運んで楽しむ形になります。

一方のオンラインカジノは24時間365日いつでも楽しめます。
インターネット上なのでいつでも手軽に楽しめます。

ましてやオンラインカジノはパソコンだけではなく、スマートフォンからも楽しめますので、ちょっとした空き時間に手元で楽しめます。
さすがにこの点は他のギャンブルでは難しいことなのではないでしょうか。

オンラインカジノは海外産

オンラインカジノは海外産

公営ギャンブルやパチスロ・パチンコはあくまでも国内のギャンブルです。
パチンコやパチスロに関してはグレーゾーンだとも囁かれていますが、それも国内の法的な見地からというものですし、公営ギャンブルは政府から認可を受けた真っ当なギャンブルになります。

しかし、オンラインカジノは日本のギャンブルではなく、海外のギャンブルになります。
そのため、日本の法律で縛られていません。
大きな利益を狙えるのもそのためです。

日本のギャンブルに於いて、数百万円もの利益を得るのは簡単ではありません。
むしろ余程の奇跡が起きない限り不可能なラインなのではないでしょうか。

日本のギャンブルの規模やペイアウトを考えると、そのような配当をお客に出すのは難しい物です。
万馬券は例外ですが、万馬券はなかなか起きないからこその高配当です。

その点オンラインカジノは数百万円単位の利益など珍しいものではありません。
日本国内のギャンブルとは価値観が異なりますので、数十万円、数百万円はおろか、それ以上の利益を稼いでいる人も珍しくありません。
それだけに、オンラインカジノには「夢」があると考えて良いのではないでしょうか。

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノはペイアウトが高い

オンラインカジノは国内のギャンブルと比べてペイアウトが高い点も特徴です。
ペイアウトとは「還元率」です。

どのようなギャンブルであれビジネスです。
お客が投じたお金から必要経費を差し引き、且つお客に還元し、手元に残ったお金が利益になります。
つまり、ペイアウトが高いということはそれだけ身を削っていることになります。

オンラインカジノのペイアウトは95%以上とされており、70%前後と囁かれている競馬や競輪、80%前後と囁かれているパチンコやパチスロよりも断然高いことが分かるのではないでしょうか。
なぜ高いペイアウトを可能にしているかといえば、経費がかからないからです。

オンラインカジノは店舗で営業している訳ではありません。
パチンコやパチスロの場合、店舗にて営業しています。
自社ビルであっても建設費や固定資産税がかかりますし、借りているのであれば毎月賃貸料がかかります。

それだけではなく、水道光熱費、人件費がかかりますし、新台を入荷する場合には仕入れもかかります。
競馬や競輪の場合、人を育てる費用もかかります。

ちなみに宝くじは50%前後とされていますが、全国への配送等を考えると低いペイアウトも致し方ないのでしょう。

その点オンラインカジノはサーバー上のプログラムになりますので、店舗運営のように場所代や水道光熱費はかかりませんし、最低限のサポートさえあれば良いので人件費もかかりません。
そのため、お客からのお金の多くを還元に回すことができるのです。

また、ペイアウトはあくまでもパーセンテージになりますので、お客が増えれば増えるほど、さらにはお客が投じるお金が増えれば増えるほど、還元する実際の額も増えていきます。
結果、先にもお伝えしたような大きな利益を手にできるチャンスが増えるのです。

ペイアウトは業者側の利益に直結する部分ですが、ユーザーにとってもどれだけ利益が得られるのかの一つの指標になりますので、高いに越したことはありません。

まとめ

オンラインカジノが他のギャンブルと違う部分は多々ありますが、ペイアウトの高さやいつでも楽しめる点など、いわば「インターネット上だから」に尽きるのではないでしょうか。

インターネット上で楽しめるものだからこそ、手軽であり、かつ合理的で経費が掛かっていないからこそ高いペイアウトが可能です。
裏を返せば、実際の店舗ではオンラインカジノに並ぶのは限りなく不可能に近いということです。

自分に合ったカジノゲームで稼ぐ

オンラインカジノは手軽に行えることで大きな人気を集めていますが、オンラインカジノには様々なゲームが用意されています。
どのゲームを楽しむのかも含めて自由に選べる点が魅力である一方で、それぞれのゲームには違った特徴があります。

人それぞれ向き・不向きがあるかと思いますので、オンラインカジノを楽しむのであれば、それぞれどのような特徴を持ったゲームなのかを把握しておくと良いでしょう。
そこで、どのようなゲームがあるのかをいくつかピックアップして解説させていただきます。

スロット

スロット

オンラインカジノだけではなく、身近なゲームがスロットです。
回転するレールを揃える単純なゲームですが、どのように揃えるのかは実は奥深いものですし、遊戯におけるシンプルさが人気の秘密です。

オンラインカジノの業者によってそれぞれベット額も異なりますので、一攫千金を狙うか、あるいはコツコツと勝利を重ねていくのかなど戦略も自由ですし、何より特にルールを覚える必要がない点が特徴です。

どのようなゲームも、ある程度最低限のルールを把握しておかなければなりませんが、スロットの場合「絵を揃える」だけです。
それまでスロットの経験がなくとも、直感的に楽しめるのでオンラインカジノのみならず、ギャンブルの初心者でもすぐにでも楽しめます。

ルーレット

ルーレット

こちらもまた、比較的お馴染みのゲームなのではないでしょうか。
ルーレットを回し、どこに玉が入るのかを予想するゲームですが、どこに落ちるのかはランダムではあるものの、賭け方など奥深いゲームです。

番号、色等、賭け方が様々であると共に、確率論から常に同じ賭け方をする方法もあれば、直感的に賭ける方法などもあります。
番号を当てるという点では比較的シンプルなゲームではありますが、奥深さという点ではオンラインカジノでも屈指のものです。
自分の戦略次第では一気に財産を増やすことも可能なだけに、オンラインカジノの中でも人気を集めています。

ブラックジャック

こちらもオンラインカジノだけではなく、他のゲームでもお馴染みかと思います。
トランプを使ったゲームで、カードの合計点数を21を超えないよう、且つ21に近付けるというものです。
ブラックジャックが上記のスロットやルーレットと大きく異なる点として、「対人」のゲームである点が挙げられます。

スロットやルーレットは、回転するレールや、玉がどこに入るのかなど、人を相手にしたものではありません。
しかしブラックジャックは相手と競うゲームになりますので、心理戦も繰り広げられます。
実際には不利だなと思っても自信満々な表情を相手に見せて…など、相手との駆け引きも楽しめます。

オンラインカジノの場合、ライブゲームなどではあくまでもCPU相手ではありますが、それでも「人との勝負」なので仮に自分の持ち札がイマイチではあっても、それ以上に相手の持ち札が悪ければ勝利することができますので、戦略のみならず、運によっても左右される楽しさがあります。

ポーカー

こちらもトランプを使ったもので、比較的オーソドックスなゲームなので、多くの人にとって身近なものなのではないでしょうか。

オンラインカジノの場合、近年はライブポーカーが人気を集めています。
画面の向こうには人がいて、いわゆるオンラインでポーカーを勝負することになります。
つまりは対人戦になりますので、ブラックジャック同様、心理戦であると同時に、運によっても左右されることになります。

ライブゲーム

ライブゲーム

オンラインカジノは画面越しに様々なゲームを楽しむものですが、近年はネット環境の整備に伴い、動画やビデオ配信コンテンツも増えています。
オンラインカジノでもライブゲームを用意しているカジノが増えています。

ライブゲームとは、従来のオンラインカジノのようにゲームの画面のみが写されるのではなく、相手が映像で出ていたり、CGではあるものの、まるで人がホストをしてくれているかのように楽しめるので、モニター越しではあっても、まるで人とゲームをしているかのような気分を楽しめます。

遊戯の映像のみですと、どうしても機械的な印象となってしまいがちですが、かつてのネット回線や端末側の性能では、なかなか難しいものでした。
しかし、近年は回線も端末もそれぞれが性能を高めていますので、映像を駆使したオンラインカジノも登場しています。
無機質なものから、まるで自分がカジノに足を運んだかのような気分を味わえるものもありますので、画面の雰囲気もまた、楽しめる要素の一つとなっています。

まとめ

オンラインカジノには様々なゲームがあると共に、ライブゲームのように技術の進歩に応じた新しいコンテンツも登場しています。
オンラインカジノの業者も多数いますが、どの業者もそれぞれ独自の強みを打ち出しているところもありますし、どのゲームがあるのかも業者の特徴になりますので、オンラインカジノを楽しむのであれば、どのようなゲームを楽しみたいのか。

そして、自分が楽しみたいゲームを用意している業者がどこなのかをチェックして選んでみると良いでしょう。

失敗しない為のカジノ選び

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノを始めるにあたって

オンラインカジノをこれから始めるのならば、まずは準備から必要です。
オンラインカジノといっても、いろんなカジノのサイトがありますので、いくつか候補を挙げて、比較してみましょう。

たとえば、ライセンスを取得しているかどうか、外部の監査機関で監査を受けているかというのはとても大切で、信頼できるかどうかの基準となります。
また、どんなボーナスが用意されていて、自分に合うかどうかも比較してみましょう。
ゲーム性などもカジノによって異なりますので、どんなソフトウェアが採用されているかなども比較して選ぶ事が大切です。

無料ゲームを試してみよう

オンラインカジノを始めるに当たって、まずは無料ゲームで試してみましょう。
選んでみたのはいいものの、実際にやってみると、使いにくかったり、サイトが見づらかったりするということはよくあることです。

オンラインカジノは、大抵無料ゲームがプレイできますので、お金を賭けるまでに1度試してみて比較してみると良いでしょう。

年齢制限を確認しておく

年齢制限を確認しておく

オンラインカジノには、年齢制限が設けられています
殆どのオンラインカジノの場合、年齢制限は18歳未満は不可で、20歳以上とされているカジノもあります。

始める前に年齢制限を確認しておきましょう。
規約を見れば記載されています。

クレジットカードと本人確認書類を準備しよう

オンラインカジノを始める前に、クレジットカードを用意しておきましょう。
入金手段としては、クレジットカードが有効です。

ほとんどの場合、入出金手段としてエコペイズなどの電子決済サービスが利用されますが、その際もチップ購入はクレジットカードが必要です。
しかし、カジノによっては使えない場合もあるので、色んな会社のカードを用意しておくようにしましょう。

また、初回の払い戻しの場合、本人確認書類が求められますので、免許証やパスポートの用意が必要です。
これらは、入出金口座を登録する際にも必要ですので、用意しておくと便利になります。

大手銀行のオンラインバイキングの口座

大手銀行のインターネットバンキングがあれば、非常に便利に利用しやすくなっています。
外貨口座ありなら、オンラインカジノで得たお金をそのまま口座に預けることが出来るので、非常に便利です。

若し一つも持っていなければ、入出金や残高確認の際に不便なので、始める前に口座を開設しておくと良いでしょう。
今後遊ぶときにも便利になります。

オンラインカジノのダウンロードについて

オンラインカジノのダウンロードについて

オンラインカジノを始めるためには、まずソフトをダウンロードする必要があります。
オンラインカジノには、ダウンロードをするタイプのカジノと、ノーダウンロードタイプのカジノが存在します。

一般的にダウンロードするタイプのものが多いですが、Macは対応をしていないので、その場合はノーダウンロードタイプのオンラインカジノがおすすめとなります。
ノーダウンロードの場合、ダウンロードする手間がかかりませんしブラウザ上でそのまますぐに遊べるので、ダウンロードしても動作しないという場合にもおすすめです。

また、スマホの場合もダウンロードする必要はなく、携帯の画面で公式ホームページにアクセスすればすぐに遊べます。

アカウント登録について

オンラインカジノは、ちょっと試してみたいという場合無料ゲームもありますが、その場合もメールアドレスの登録が必須となります。
このため、メールアドレスを準備しておきましょう。

ギャンブルで実際にお金を賭ける場合、個人情報の登録が必要となります。
氏名や住所、電話番号などの情報を入力する必要がありますので、入力フォームから入力をしましょう。

この際に、入力ミスや、嘘などを入力しないようにしましょう。
後から払い戻しをする際に、間違いや不一致があれば、払い戻ししてもらうことが出来ません。

オンラインカジノの入金について

オンラインカジノで入金をする場合、エコペイズといった電子決済サービスが主流です。
しかし、入金の際には、どちらにしても、クレジットカードが必要なので準備をしておきましょう。

クレジットカードでキャッシャーからチップを購入します。
クレジットカードの他にも、プリペイドカード、デビットカードなどが使えますし、電信送金などの方法もあります。

ボーナスについて

ボーナスについて

オンラインカジノは、一定の条件を満たすことで、ボーナスを受け取ることが出来ます。
ボーナスの受け取りについてですが、こちらから申請するケースと、自動的に付与されるケースがありますので注意をしましょう。
これも払い戻しの際に忘れずに申請しましょう。

払い戻しはどうすればいい?

オンラインカジノの払い戻しですが電子決済サービスのエコペイズを登録すると便利です。
エコカードを使えば、ゆうちょ銀行などのATMで引き出すことが出来ます。

そのほかにも、電信送金、外貨小切手での支払い戻しという手段がありますが、手数料が高いのと時間がかかってしまうということもありますので、あまりおすすめできません。

明確に違法となるカジノカフェ

逮捕の大半がカジノカフェ

オンラインカジノ関連の逮捕は大半がカジノカフェ

過去の逮捕事例では、オンラインカジノに関連している内容にはカジノカフェが多くあります。
カジノカフェを裏で営業しており、摘発されて逮捕されることが多くなっています。

遊んでいた人も逮捕されますし、運営している人は当然逮捕されて、厳しい罰を受けています。

オンラインカジノに関連している逮捕では、カジノカフェ以外で逮捕されている事例が殆どないくらい、カジノカフェの摘発というのは非常に多いのです。

調査すればすぐにばれる

繁華街は、警察もパトロールを行っていますし、繁華街の情報を聞き出していることもあります。
警察がなにかおかしいところがあると思った場合は、数日にかけて様子を見ながら出入りの状況を確認しているのです。

客の出入りがないはずの場所から出入りが起きているなら、おかしいサービスを提供しているのではないかと思われてしまい、摘発に向けて動かされてしまいます。
カジノカフェも情報をすぐに把握されることが多く、数カ月後には摘発されています。

1年以上持っているカジノカフェも、結局多くの利益を上げているタイミングで摘発されて、運営者は逮捕されてしまいます。
多くのカジノカフェは、営業してから2年以内で摘発され、最終的に裁判を受けて実刑となります。

オンラインカジノに関連する逮捕の場合でも、やはりカジノカフェは多くの事例を持っています。
むしろ、カジノカフェに関連していないオンラインカジノの逮捕というのは非常に少なく、数えるほどしか事例がありません。

カジノカフェの運営は気づかれることが多い

カジノカフェの運営は気づかれることが多い

オンラインカジノで逮捕するためには、現金が日本国内でやり取りされていないと駄目です。
現金の移動が行われていない場合は、海外に送金しているだけと判断されてしまいます。

更に、日本警察が摘発できる範囲に、海外のサービスは該当していません。
オンラインカジノは海外のサービスですから、摘発から逃れることが多いです。

ただ、カジノカフェのように国内で精算していることが判明している場合は、日本国内で不自然なお金のやり取りが行われています。
オンラインカジノでおかしいサービスを実施していると判断されてしまい、逮捕されるケースが多いです。

カジノカフェは、オンラインカジノのように隠すことが難しく、まだ大丈夫と思っていても摘発されることが多いです。
日本全国で、逮捕される事例は後を絶たず、毎年数件の摘発と逮捕者がが出ています。

カジノカフェはギャンブル好きを狙う

闇カジノの場合は、誰でもいいから声をかけて興味のある人を引っ張ってくるような形を採用しています。
しかし、カジノカフェの場合はオンラインカジノを採用していることから、闇カジノよりも魅力がないと思われがちです。

そこで、ギャンブルが好きな方で闇カジノよりも気軽に遊べて見つかりづらいなどの情報を出して、客を呼び込むための取り組みを行っています。

ギャンブル好きを狙って動く

ギャンブル好きを狙って動く

カジノを楽しんで貰える人を見つけないことには、カジノカフェが稼げる状況は作られません。
ギャンブルに興味を持っていない人、ギャンブルが嫌いな人を誘ったとしても、すぐに出ていってしまうでしょう。

オンラインカジノで勝てるというわけでもありませんから、ギャンブルが好きじゃない人はついていくことがありません。
そこでカジノカフェとしては、ギャンブルを多く行っている人、ギャンブルが好きでたまらない人を狙っているのです。

なるべくギャンブルが好きな人を引っ張って、店内でギャンブルを遊んでもらうような方針を取っています。
ギャンブル好きな人なら、簡単にオンラインカジノで遊び続ける状況は作られますので、店の利益も確実に得やすくなっています。

ギャンブル好きをリピーターとする

次に、リピーターを作る方法を取っています。
単発で利用してもらうだけでは、カジノカフェの利益は一時的です。
オンラインカジノを長く遊んでもらうためには、次に良いサービスを提供して、もっと遊びやすいことを紹介しているのです。

ギャンブルが好きな人に、追加のサービスを提供しておけば、ほぼ間違いなく遊んでくれる状況を作れるようになるでしょう。
こうしてリピーターを作って、声掛けをしなくても人が来てくれるような状況を作っています。

声掛けをしていることは、警察にバレてしまう恐れが高いです。
なるべくバレないように客を呼び込むために、リピーター作りを徹底している傾向もあります。

警察は人の出入りでを判断

警察は人の出入りでを判断

こうしてギャンブル好きの人を誘っていくのはいいですが、人の出入りなどを把握されて、警察に摘発される傾向があります。
リピーターは、毎日のように訪れることも多くなっていますので、どうしても人の出入りという部分はわかりやすくなっています。

オンラインカジノで遊びたいと思っている人が、カジノカフェに出入りしていると判断できるならば、警察は摘発と逮捕に向けて動き出すことになります。