オンラインカジノの合法性について

オンラインカジノの合法性について
日本にはないカジノをネットを通じて楽しめるのがオンラインカジノの魅力です。
リアルカジノと同様に実際にお金をかけて勝負できるオンラインカジノですが、遊ぶにあたって気になるのが法律の問題です。
日本では公営ギャンブルを除く賭け事は法律で禁止されています。

そんな現状でネット経由とはいえオンラインカジノでお金を賭ける行為に法律的な問題はないのでしょうか。
今回は、オンランカジノの違法性・合法性について法律的観点と実事例から解説します。

賭け事は賭博罪の取り締まり対象

賭け事は賭博罪の取り締まり対象
オンラインカジノの違法性を考える上で重要になるのが「賭博罪」です。
賭博罪は正式名称を賭博及び富くじに関する罪という法律で、簡単に言えば賭け事全般を取り締まる法律です。
日本では基本的にすべての賭け事が禁止されています。

例外的に認められているのは競馬、競輪、競艇、オートレースのいわゆる公営ギャンブル4競技と宝くじのみです。
それ以外の賭博行為は金額や規模の大小にかかわらずすべて賭博罪による取り締まり対象になります。

賭博行為が禁止されている日本では当然お金をかけるカジノも違法な存在です。
近年IR法によるカジノ解禁が大きな話題になっていますが現在のところ日本に合法的に遊べるカジノは存在していません。

オンラインカジノに違法性はあるのか

日本では公営ギャンブルと宝くじ以外の賭博行為は全て違法です。
そうするとオンライン上とはいえ実際にお金をかけて楽しめるオンラインカジノも違法な存在ということになりそうですが、話はそう単純ではありません。

大前提として言えるのが、オンラインカジノは違法ではないという事実です。
オンラインカジノは日本からネット回線を通じてカジノゲームをプレイしていますが、運営企業とサイトが開かれているサーバーは日本国内ではなくカジノが合法な外国に設置されています。
オンラインカジノのシステムはオンラインカジノが法律で認められている国で提供されているサービスを日本からネット回線を通じてアクセスして利用している、という形式を撮っています。

つまりオンラインカジノが開催されているのは日本国内ではなく海外であり、カジノゲームでの賭博行為は日本の法律である賭博罪の規制対象外という論理で運営されています。

ネット上の法規制はサーバー設置国の法律が適用されるのが世界的な考え方です。
この原則があるかぎり海外で運営されているオンラインカジノに日本の賭博罪が適用されて違法となることはありません。

オンラインカジノは「今のところ」合法なサービス

オンラインカジノの違法性については運営会社とサーバーが海外に置かれていることで否定されています。
現金を賭けても違法ではありません。

ただし、違法性が否定されているのは原状での話であり完全に合法であるという見解が出ているわけではないことには注意が必要です。
違法ではないのに合法でもないというのはどういうこと? と疑問に思われるかもしれません。

たしかに合法と言い切れないのはスッキリしない話ですが、オンラインカジノを取り巻く法律環境を見る限り「今のところ合法」という表現が現状を一番的確に表しています。

オンラインカジノが今のところ合法としか表現できない最大の理由は、オンラインカジノを直接取り締まる法律が現状で存在しないからです。
ネットを規制する法律や送金を管轄する法律、賭博を取り締まる法律など御来カジノ個々のサービスや行為を規定する法律はそれぞれ存在します。

しかし、オンラインカジノという存在を直接取り締まる法律は存在しません。
多くの法律を継ぎ接ぎで解釈しながら規制や違法性について判断しているのがオンラインカジノを取り巻く法環境の現状です。
オンラインカジノは今のところ合法なサービスです。

しかし、法律的正当性の裏付けとなる法律がないため合法か違法かはっきりしないところがあるグレーな存在であると言わざるをえません。
今のところオンラインカジノで遊んでいても問題はありませんが、将来的に法律改正や法解釈の変更があれば違法な存在とされる可能性もあります。
いきなりアナウンスもなく違法な扱いになる可能性は低いですが、オンラインカジノに対する社会的意識が大きく変化すれば扱いがガラリと変わり違法とされる可能性は否定できません。

オンラインカジノが違法とされた事例

現状でオンラインカジノは合法とも違法とも断言できないグレーな存在ですが基本的には合法とするのが有力な見解です。
一般のプレイヤーがオンラインカジノをプレイしていていきなり賭博罪違反で逮捕される心配は不要です。

オンラインカジノが違法とされた事例
賭博罪で逮捕される心配はありませんが、過去の事例をみるとオンラインカジノがらみで違法と判断され逮捕されたケースもあります。
ネットカフェのように実店舗を構えてオンラインカジノがプレイできることをうたい文句に客を集めネット経由でのカジノゲームサービスを提供していた業者が逮捕された事例が過去に存在しています。
このケースでは店の利用者ではなくオンラインカジノを客にプレイさせた店の経営者が賭博場開設を主たる容疑として逮捕されています。

2016年には海外で運営されているオンラインカジノを利用していたプレイヤーが賭博容疑で逮捕される事例が発生しました。
警察庁は違法性は明らかで賭博罪での立件は可能都の見解を示していましたが、海外でライセンスを取得しているオンラインカジノの合法性を根拠を崩すところまではいかず最終的には略式起訴による罰金刑と不起訴処分に終わりました。

結果だけをみると御来カジノが違法だから罰金刑が確定したと言えなくもありませんが、警察が立件を見越して逮捕しながら略式起訴と不起訴処分で終わったのは裁判で勝ち目がないと警察が判断したからでありひとまず違法性は否定されたと判断するのが適切です。

まとめ

オンラインカジノをプレイすることそのものについて違法だという判断が裁判所から出されたケースはありません。
多くのオンラインカジノが営業していながら取り締まりが行われない現状を見れば安心して遊んで問題はないというのは明らかです。

オンラインカジノの中には合法を装って違法行為を行う悪質な詐欺サイトも存在します。
利用する際は管轄国のライセンスや第三者機関の認証などを取得している信頼できるサービスを選んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください